宮城コース

東北・みやぎオンライン復興マラソン2021 宮城コース

開催期間

2021年10月23日(土)0:00~11月6日(土)23:59

コース紹介

リアル大会で走っていただく予定だった名取市・岩沼市・亘理町のコースを、バーチャルのコースとして設定しました。
震災後新たにできたかさ上げ道路に、新たに生まれ変わった鳥の海運動公園、相野釜千年希望の丘や仙台国際空港、閖上の震災メモリアル公園やコスモスロードなど、復興の軌跡を感じられるコースとなっています。

コースマップ・復興への歩み

東北・みやぎオンライン復興マラソン2021特別企画~実業団ランナーに挑戦~

本大会には日立物流陸上部の選手がエントリー予定です。「TATTA」の友だち検索で「日立物流」と入れて検索!選手を友達登録して、走る速さを比較してみよう!

竹内竜真選手
竹内竜真選手
1992年5月29日生
山形県出身

エントリー種目と参加料

エントリー種目 参加料(税込) 参加賞 完走証
フルマラソン (42.195km) レギュラー 3,000円 選べる地域の特産品、復興メッセージムービー 完走証(PDFデータ)
※大会期間終了後1週間を目途にメールにPDFデータ添付で送信
プレミアム 10,000円 選べる地域のプレミアム特産品、復興メッセージムービー
プレミアム向け賞品
完走証(PDFデータ)
※大会期間終了後1週間を目途にメールにPDFデータ添付で送信
ハーフマラソン(21.0975km) レギュラー 3,000円 選べる地域の特産品、復興メッセージムービー 完走証(PDFデータ)
※大会期間終了後1週間を目途にメールにPDFデータ添付で送信
プレミアム 10,000円 選べる地域のプレミアム特産品、復興メッセージムービー
プレミアム向け賞品
完走証(PDFデータ)
※大会期間終了後1週間を目途にメールにPDFデータ添付で送信
ファミリー(10km) レギュラー 4,000円 選べる地域の特産品、復興メッセージムービー
ファミリー向けオリジナル賞品×2
完走証(PDFデータ)
※大会期間終了後1週間を目途にメールにPDFデータ添付で送信
プレミアム 11,000円 選べる地域のプレミアム特産品、復興メッセージムービー
プレミアム向け賞品、ファミリー向けオリジナル賞品×2
完走証(PDFデータ)
※大会期間終了後1週間を目途にメールにPDFデータ添付で送信

※各種目とも定員はありませんが、参加賞の生産状況によっては申込期間中にお選びいただけなくなる場合がございます。あらかじめご了承ください。

参加賞

レギュラー
  • ひとくち金のさんま・わかめ椎茸煮
    ひとくち金のさんま・わかめ椎茸煮
    ひとくち金のさんま(100g)、わかめ椎茸煮(80g)

    商品詳細を見る

  • 金華茶漬け(銀鮭)・おつまみスモークたらこ2種
    金華茶漬け(銀鮭)・おつまみスモークたらこ2種
    金華茶漬け(2食入)、おつまみスモークたらこ20g×2

    商品詳細を見る

  • ちびのびるバウム4種セット
    ちびのびるバウム4種セット
    (ソフトタイプ、ハードタイプ、米粉ソフトタイプ、ホワイトチョコ掛け)

    商品詳細を見る

プレミアム
  • プレミアム向け賞品

    大漁旗ブレスレット

    大漁旗ブレスレット

    商品詳細を見る

  • ファミリー向け賞品

    大会オリジナル「サザエさん&タラちゃん」の間伐材メダル(南三陸杉)

    大会オリジナル「サザエさん&タラちゃん」の間伐材メダル(南三陸杉)
    2個セット

エントリー期間

2021年7月2日(金)12:00~10月15日(金)23:59

※9月24日(金)までに入金が完了している方は、大会期間前に参加賞を発送いたします。
 9月25日(土)以降に入金が完了した方は、大会期間中~終了後のお届けとなります。

エントリーはこちら

オンラインアフターパーティー

2021年11月7日(日)開催予定

※詳細は決まり次第お知らせいたします。

参加賞詳細

ひとくち金のさんま・わかめ椎茸煮ひとくち金のさんま(100g)、わかめ椎茸煮(80g)

「ひとくち金のさんま」は、代々、長い時間をかけて継ぎ足している返したれと生姜で炊いたさんまの佃煮です。骨ごと柔らかく召し上がれます。斉吉の看板商品の「金のさんま」の味はそのままに、一口サイズに仕上げました。「わかめ椎茸煮」は三陸わかめの茎と、どんこ椎茸を佃煮に仕上げました。わかめの茎はもっちりとした食感です。ぴりりと辛い唐辛子がアクセントです。

株式会社斉吉商店

創業大正7年、昭和35年に株式会社になりました。
東日本大震災での被災により、本社・工場、店舗2か所、工場2か所、そして自宅も沿岸近くにあったため全て全壊致しました。看板商品の「金のさんま」は、長年継ぎ足しの返したれを使って炊いていますが、発災時、社員が震災前から用意しておいた「持ち出し用の返したれ」を持って避難してくれました。そのトラックは波に追いつかれてしまいましたが、社員は無事。さらに、震災から4日目にその返しだれを無傷で見つけ出してきてくれました。そのため、私たちは「金のさんま」から、また商品づくりを再開することができました。 震災直後は、岩手県や気仙沼の内陸にある他社さんの工場を借りて商品づくりをリスタート致しました。
その後、少しづつ少しづつ作れる商品が増え、震災前からお取引のあった首都圏の百貨店さんを中心に販売を始めました。
現在、気仙沼にある本店の鼎・斉吉(かなえ・さいきち)、自社通販での販売や食べ方の提案、百貨店さんでの催事販売を行っております。

震災直後の様子

金華茶漬け(銀鮭)・おつまみスモークたらこ2種金華茶漬け(2食入)、おつまみスモークたらこ20g×2

「石巻金華茶漬け 銀鮭」
素材の特徴を熟知した専門店が手がけた本格絶品茶漬けシリーズ。素材の美味しさそのままの贅沢具材は、すべて石巻で加工されたもの。安心・安全で風味豊かな石巻のお茶漬けをお楽しみください。ふりかけも素材にこだわり、風味豊かに仕上げました。
「石巻おつまみスモークたらこ」
遠洋漁業の基地として栄えた石巻市は、かつて、たらこの加工生産量日本一の町でした。創業40年以上たらこを作り続けてきた湊水産株式会社の燻製たらこです。独自の加工技術によって粒子感を損なわず、たらこの風味が引き立つ、香り良いスモークたらことなっています。

石巻うまいもの株式会社・湊水産株式会社

石巻うまいもの株式会社

2011年の東日本大震災で甚大な被害を受け、その復興の歩みの中で誕生した会社が「石巻うまいもの株式会社」です。石巻で食に携わる10社が立ち上げた「石巻うまいもの株式会社」。東日本大震災をきっかけに、手を取り合い、共に動き出した仲間です。

湊水産株式会社

遠洋漁業の基地として栄えた石巻市は、かつて、たらこの加工生産量日本一の町でした。みなとは、その石巻市で創業してから四十年以上、ただひたすらにたらこをつくり続けてまいりました。
東日本大震災では、会社だけでなく、社員全員が被災し、長らく避難所生活を強いられました。1ヶ月以上も電気水道のない生活を余儀なくされたにもかかわらず、社員一同あきらめることなく製造を再開し、3年後に新社屋、新工場も完成しました。震災で失ったものは甚大でしたが、出会えた多くの方々が何よりの財産になりました。 こうして今も尚「みなとのたらこ」をお届けできるのも皆様のおかげです。これからも社員一丸となって愛情いっぱいのたらこをつくり続け、「石巻のたらこを全国へ」お届けしてまいりたいと思います。

震災直後の様子

ちびのびるバウム4種セット (ソフトタイプ、ハードタイプ、米粉ソフトタイプ、ホワイトチョコ掛け)

のびるバウムに使用している小麦粉は、すべて全粒粉であり、小麦本来の香りを感じて頂けると思います。ソフトタイプは、生クリームをたっぷり使用し、クリーミーでコクがあります。ハードタイプは、外側を硬めに焼くことで、サクッとした食感と中のモチっとした2つの食感を楽しめます。ミルクバウムは、大崎市田尻のジャージー牛乳を使用し、ホワイトチョコを上掛けした贅沢なバウムクーヘンです。ぜひご賞味下さい。

有限会社アグリードなるせ

「有限会社 アグリードなるせ」は、農業の最先端を走ろうという強い思いをもち、平成18年2月に設立された農業生産法人です。東日本大震災において、田畑に海水が入り、壊滅的な被害を受けたものの、数多くの方々からご支援を賜り、被災した年である平成23年4月下旬から、除塩作業を実施し、お米の生産を開始しました。その後、平成27年8月には、6次産業化事業である農産物処理加工施設「NOBICO」の稼働に至りました。ここでは、東松島市野蒜産の小麦粉の製造、精米、バウムクーヘンの製造を行っております。訪れてくれる皆様に、安全安心の農作物と癒しを提供出来るように、地域とともに成長出来る会社でありたいと、日々精進しております。

「南三陸わかめ羊」盛合わせ300g×2パック

冷凍配送

海のミネラルたっぷりの南三陸産高級わかめを食べさせて丁寧に育てた羊肉です。
通常の羊肉より旨味がつよく羊肉特有のくせが少ないのが特徴です。
各部位を少しずつパックにお詰めしたお得な商品です。いろいろな味をお楽しみいただけます。

さとうみファーム

2011年8月に被災地支援で南三陸町に団体を立ち上げ、子どもの遊び場づくりや、漁師のお手伝い、作業所作り等の活動を行いました。継続して活動が出来るように翌年6月に法人「さとうみファーム」を設立。2014年1月に事業の柱としてひつじ牧場を南三陸町に開設。現在は、NPO法人として活動を継続しており、「南三陸わかめ羊」は、たくさんのメディアにも取り上げていただき、全国的に認知度も上がり、高級羊肉ブランドとして確立できました。25頭から始め、今では200頭近くまで増えて将来的には300頭の飼育を目指しております。被災地に新しい雇用を創り持続可能な事業としていきたいと考えてます。

はらこ飯 素セット2合3~4人前

冷凍配送

醤油やみりんなどと一緒に鮭を煮込んだ煮汁で炊き込んだご飯の上に、鮭の身といくら《はらこ》をのせる。旬の味覚《はらこ飯》は伊達政宗公も愛した宮城自慢の郷土料理です。養殖銀鮭の元祖、マルキンの銀鮭《銀王》を厳選使用し、はらこ飯発祥の地、亘理町の有名店《田園》が監修、素材の旨味を引き出す《末永海産》が製造する、宮城の美味を知り尽くす三社のコラボレーション商品です。たっぷり2合4人分、炊飯器で炊くだけで本格的なはらこ飯がご家庭でお楽しみ頂けます。宮城名物、至極の一杯をご賞味ください。

末永海産

末永海産株式会社はわかめ等の海藻類と牡蠣・ほや・帆立等の貝類を取り扱う会社です。昭和50年、創業者 末永勘二がわかめ事業を始め、昭和61年に設立しました。主に生原料を市場・量販店に出荷する会社でしたが、震災で第一工場が全壊、かろうじて残った第2工場で当初3人での事業を再開しました。その後は加工品にも力を入れ事業を展開し、平成26年に新社屋設立と共に自社に剥き場を併設。工場内にもCAS冷凍ラインやレトルトライン等を設立し、現在は生原料から加工品まで高鮮度をキープした商品を出荷しております。
平成28年《牡蠣の潮煮》全国加工品品評会にて農林水産大臣賞受賞。
令和2年《漁師の潮煮3種セット》農林水産祭にて内閣総理大臣賞受賞。

震災直後の様子

蔵の庄監修 仙台せり鍋セット(2~3人前)宮城県産セリ、合鴨肉、蔵の庄監修 せり鍋つゆ、そば

冷凍配送

宮城県は、せりの有数な産地の一つです。名取市をはじめ石巻市などで生産され、秋から冬の間のせりは茎も根もやわらかく、余すところ無く食べることができます。柔らかな葉からは爽やかな香り、茎はシャキッとした食感を、根はホクホクとした味わいを感じます。この魅力を100%楽しめるのが「せり鍋」です。2008年ころから飲食店を中心に広まった料理で、今や宮城県の冬の風物詩となりました。仙台の人気居酒屋「蔵の庄」監修のスタンダードな召し上がり方でお楽しみください。

株式会社サンワ・レストラン・クリエイツ

株式会社サンワ・レストラン・クリエイツでは、「伊達のいろり焼 蔵の庄」をはじめ、仙台市内に8ブランド11店舗を展開。産直素材の旨みを活かし心を込めて調理しています。宮城、東北の厳選された旬の鮮魚や旨い料理の数々を提供しています。

大漁旗ブレスレット

大漁旗は新造船を初めて海に降す進水式で海上の安全と豊漁を願い船主に贈られる祝旗です。そんな大切な旗を漁師さんから譲り受け、余すことなく使用しブレスレットに甦らせました。石巻のお母さん達が一つ一つ丁寧に制作しています。

結丸FUNADE

結丸FUNADE

東日本大震災から約1ヶ月後に宮城県石巻市渡波地区に訪れました。当初は瓦礫が散乱し、泥で埋もれた状況に全国から集まったボランティアの皆さんとただただ目の前の瓦礫撤去と泥かきをする毎日を過ごしていました。個人として地元の方々がこの先どうなっていくのか?それを考えたときに、被災状況はそれぞれ違うけれど、いつかはそれぞれに自立するタイミングが来ること想像しました。そう想った時に働くことが精神的にも経済的にも自立支援になるということを考え始めたのが最初の原動力でした。元々服作りを営んでいた経験を活かし、モノづくりでできる支援を考え始めました。そんな時に大漁旗という港街の宝物と出会い、漁師さんから300枚近くの大漁旗を譲っていただいたことでブランドとして2012年8月に起業したのが始まりです。震災から10年も経ち、この先どのような状況になるか想像できない中で、モノづくりの立場としては身につけて頂けることが一番の励みとなります。その為にも皆さんに愛され必要とされるモノづくりを心掛けて参りたいと思います。