エイドステーション

東北・みやぎ復興マラソンならではの特色ある約19ヶ所のエイドステーションを展開します。
東日本大震災により転居を余儀なくされた住民のみなさんが出迎える「BACK TO THE HOMETOWN」をはじめ、被災した岩手県、福島県の“いま”を伝えるオリジナルエイドステーションも設置。復興途中のなにもない被災地だからこそ、ランナーのみなさんにはボランティア・地元のみなさんとのふれあいも復興マラソンの魅力の一つとしてお楽しみください。

<参考:2017年大会のエイドステーション情報>

東北・みやぎ復興マラソン2017エイドステーション一覧
  • BACK TO THE HOMETOWN
  • BACK TO THE HOMETOWN
  • BACK TO THE HOMETOWN
  • BACK TO THE HOMETOWN
  • エイドステーション
  • エイドステーション
  • エイドステーション
  • エイドステーション

※写真は昨年の一例です。

2018年大会のエイドステーション情報は詳細が決まり次第お知らせいたします。

BACK TO THE HOMETOWN とは

コースのほぼ全域には、数多くの集落がありました。
しかし、東日本大震災の津波被害で集落のほとんどが「居住が困難な地域」になり
かつての住民の方々は転居を余儀なくされ、故郷を失いました。

そこで、かつてのにぎわいを取り戻すべく集落の名前を冠したスペシャルエイドステーション「BACK TO THE HOMETOWN」を展開します。そこにはかつての住民が再び集い、地域に伝わる郷土料理の提供や伝統芸能を披露します。