コースマップ

復興の進む大地を踏みしめながら走ることができるコース

コース全域は東日本大震災の浸水エリア。大会事務局では復興工事の進歩状況に合わせ、コースを選定しています。
毎年参加するたびにコースが変わり復興の歩みを感じられる景色も魅力のひとつです。
コースの高低差は少なく、ほぼ平坦でまっすぐな道のため、初心者のランナーもベテランランナーも走りやすく、
好記録も期待できます。被災地がこれからどのように変わって行くのか、私たちも期待と興奮でいっぱいです!

東北・みやぎ復興マラソン2018コースマップ

※画像をクリックすると拡大します。

※コースは変更になる場合があります。


  • スタート・フィニッシュ地点
    「メイン会場」

  • 防波堤の役割を果たす
    「かさあげ道路」

  • 阿武隈川に架かる
    「亘理大橋」

  • 15mの津波が押し寄せた
    「亘理町荒浜地区」

  • 防風林が津波で消えてしまった
    「海岸線」

  • 復興のシンボル
    「千年希望の丘」

  • 現在も進められている
    「復興工事」

  • 約19ヶ所に展開
    「エイドステーション」