主催者メッセージ

「東北・みやぎ復興マラソン2018」は“復興への願い”を込めた大会です。

ここでしか見えない景色がある。この地でしか感じられない想いがある。

「東北・みやぎ復興マラソン」は東日本大震災からの復興の姿を国内外に発信し、被災地に暮らす方々の「心の復興」を推進することを目的に2017年から毎年秋に開催しています。過去2大会には、全国すべての都道府県、そして海外からのべ28,000人もの方にご参加をいただき、震災で転居を余儀なくされたかつての住民のみなさんからは、ランナーに温かいおもてなしと感謝の声援が贈られています。マラソンがつなぐ「震災の記憶」と「人とのきずな」。我々主催者は震災からの復興を応援する大会として毎年、回を重ねるごとに充実した大会に育てて参ります。

運営費用に関して

大規模な市民参加型のスポーツイベントは、スポーツツーリズムの考え方からも、開催地域に多くの経済的・環境的・社会的効果をもたらすことが期待されています。マラソン大会は全国各地からご参加いただくランナーの皆さんはもとより、地域にお住いの方々、ボランティアの皆さん、企画趣旨にご賛同いただける各企業・団体が一体となって作り上げるイベントです。

ご承知の通りマラソン大会の開催には多くの費用がかかります。当マラソンは、開催される東北・宮城県が未だ復興途上の「被災地」であることを考慮し、「自治体の予算は震災復興事業などに優先されるべき」と考え、開催自治体には補助金の拠出以外の部分で最大限のご協力をいただき、ご参加いただくランナーの皆さんの参加料と開催の趣旨に賛同いただく各企業・団体の協賛金での運営を目指しています。

被災地の復興に役立ちたいという思いで「復興マラソン」という名を冠しています。その名に恥じない大会にするよう、精一杯努力してまいる所存です。ご参加いただくランナーの皆さんをはじめ、お力をお借りする全ての方々には、今大会にも多大なるご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。